肩こり、腰痛、整体、坐骨神経痛、ヘルニア、頭痛、北海道、白老町、登別市、苫小牧市、室蘭市

あさひ治療院 はりきゅう・オステオパシー

登別市と苫小牧市の間の白老町で肩こり腰痛など頑固な症状に強い治療院  HP(http://asahi-cure.net/)

プロフィール

 

名前:櫻田淳一     

f:id:asahi_cure:20160128202515j:plain

             


出身地:北海道登別市                                

出身校:室蘭東高校卒
     北海道柔道整復専門学校卒
     関東鍼灸専門学校卒

資格取得など:普通自動車
         柔道整復師
         鍼灸師
         簿記3級
         普通救命講習Ⅰ終了
      
         クラニオセイラクルセラピーⅠ(頭蓋仙骨療法Ⅰ)終了
         クラニオセイラクルセラピーⅡ(頭蓋仙骨療法Ⅱ)終了

これまでの経緯:
小さい頃から良く怪我をして、小学校2年の時に大腿骨を骨折し、なんと4か月も入院してしまいました。
中学、高校と野球やバレーボールなどの部活動をし、青春を謳歌するも、試合が近くなった肝心な時に捻挫や足首の骨折などをして周りの方に大変な迷惑をかけてしまい、当時は本当に申し訳なく思っていました。

高校の時、進路をどうしようか考えた時に、今まで怪我、骨折ばかりしていたことを思い出し「ここまで怪我で悩まされて来たんだ、怪我で悩まされている人を救い、その人が怪我で将来を棒に振らないようにケアできる仕事をしよう!」という結論に至りました。

そして、柔道整復専門学校を卒業し、その間働いていた外科医院でその後2年研修、全国展開しているリラクゼーション企業に就職し、「筋肉をほぐすとはどういうことか」を学びました。

専門学校時代の友人の呼びかけで、整骨院立ち上げからサポートさせていただき、ようやく怪我を治療する楽しさ、難しさを学びました。

ある時、ふと危機感を感じました。「このままでいいのだろうか・・・もっと上を目指さなくては・・・」
        

そこで、短い期間のサポートではありましたが、その整骨院を辞め上京。色々な縁がありまして、整骨院グループの会社に入社しました。
そこでは、3店舗の分院長を務め、デイサービスの立ち上げのお手伝いを2件ほどさせていただきました。
結局10年間務めさせていただいて、個人では決して経験できない貴重な体験をたくさんいただきました。
        
そして、開業の意思が沸々とわいてきたのです。その時に、オステオパシーという治療法を知りました。
オステオパシーは「身体全体を見る、症状の原因が必ずしも症状が出ている場所にはない、内臓と症状の関係や頭蓋骨が体に及ぼしている影響などの常に、解剖学、生理学に基づいた哲学、治療法」を学びました。。そこに大変共感し、ついにはまってしまいました。

 

「この素晴らしい治療法を北海道に広めなくてはならない」という使命感のもと、27年6月に実家のある白老町で開業するこになりました。

 

実績: 臨床経験20年 延べ12,000人を治療

セミナー:オステオパシーセミナー受講(JOA、JOMA)
       カウンタストレイン
       内臓マニュピレーション
       頭蓋仙骨療法
       ダイレクトテクニック
       インダイレクトテクニック(誇張法)
       CSTⅠ(AIJ)
       CSTⅡ(AIJ)

マスコミ掲載:室蘭民報社(28年1月22日掲載)

 

f:id:asahi_cure:20160128202732j:plain