肩こり、腰痛、整体、坐骨神経痛、ヘルニア、頭痛、北海道、白老町、登別市、苫小牧市、室蘭市
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさひ治療院 はりきゅう・オステオパシー

登別市と苫小牧市の間の白老町で肩こり腰痛など頑固な症状に強い治療院  HP(http://asahi-cure.net/)

ぎっくり腰がなおりません・・・。そんなあなたへ。

苫小牧、しらおい、室蘭、登別で唯一の腰痛専門の治療院。あさひ治療院の櫻田です。

 

本日は、ぎっくり腰が治らない場合はどうしたらいいのかお話しいたします。

 

人間は痛みが極まってくると冷静な判断が出来ません。冷静になるとわかる事でも見失ってしまうことが多くあります。

 

まず、ぎっくり腰になったらどうするべきか?それは、

 

・整形外科でMRIを取ってもらい、血液検査をうける。

これはなぜかというと、骨折の問題と内臓疾患が原因の場合があります。その問題を見つけるためです。背骨そのものの問題(狭いとか出ているとか)も簡単に見つかります。※緊急事態の場合は手術を進められることがあります。

 

ここで、からだに大きな問題がなければ、痛み止めと湿布ぐらいしか処方してくれません。ここで、解決すればいいのですが、多くの方はこの段階ではよくなりません。

 

次にとる行動は、いくつか選択肢があります。それは・・・

 

整骨院

鍼灸

・整体院やカイロなど

・もみほぐし

・自分で何とかする

・放っておく

 

この中で一番やってはいけないのが、「放っておく」です。なぜなら、「放っておいたからひどくなった」からです。本当に改善したいと思うのならやらないでください。

「自分で何とかするの」もいいですが、近年は情報があまりにも多すぎて、今の自分にどの運動やストレッチがあっているかわからない状態です。誤ってやってしまうと悪化を招いてしまうかもしれません。良くなったという人もいますが、よく聞くと偶然のことが多いです。

その他は、他人に客観的に体を評価してもらうという点では、いいと思います。ただ、注意してもらいたいのは、その治療院、整体院、整骨院などは本当にその体を評価しているのか?ということです。

 

問診票だけ見て、すぐ横にならせてすぐに揉んだり、電気をかけ始めたりする所

根拠もなく、毎日通えという所

症状の原因を伝えない所

プライベートでどのように過ごしたらいいのか教えてくれない所

 

などは気を付けたほうがいいでしょう。

 

しっかりとした検査、問診をして、治療内容を伝え、治療後の過ごし方なども教えてくれるところの方がいいですよ。でも、始めていくところってこういうことをやってくれるか心配ですよね。そんなときは、勇気を出して以下の内容を電話して聞いてみてください。

 

「治療前には検査はしますか?」

「治療後の生活指導をしてくれますか?」

 

この2点だけでも、そこはしっかりやってくれるのか判断することが出来ます。

 

ぜひやってみてくださいね。

 

P.S もし、あなたが上記の内容でお困りで、どこに行ってよいかわからない場合は当院はお勧めです。当院では、しっかりとした問診と検査に時間をかけることにより、その方の腰痛の原因を明らかにして、高い効果を実現しています。もちろん、生活指導にも力を注ぎ、治療院に来なくてもいい身体を作っていきます。興味がありましたら、すぐにお電話ください。一日に診れる人数は限られています。

お電話はこちら

f:id:asahi_cure:20160915084408p:plain

f:id:asahi_cure:20160914135628p:plain